log_img
log_imglog_imglog_imglog_imglog_imglog_imglog_img

log_img

log_img

log_img

log_img
HOME > 酒造
log_img

千代寿 酒造史

・寒河江の地域性


 さくらんぼ生産全国一の山形県、そしてその中心に位置する寒河江市は さくらんぼの主な産地として知られています。

 また、ぶどう、りんご、梨等の生産量も全国指折りの果樹王国で、西に夏スキーのメッカ標高1980メートルの月山を仰ぎ、北辺をその雪解け水が集まった清冽な寒河江川が流れています。

・創業期〜現代へ


 虎屋の創業は1696年(元禄9年)、現在の山形市において初代大沼惣左エ門によると伝えられています。幕末には家運が衰微しましたが、八代目大沼保吉の代になると寿の名声が高まり、当時では驚異的な4,500石の造石をなしました。山形に二工場を設け寒河江では元禄末期創業の石山蔵を引き継ぎ増改築を成し寒河江工場として操業させました。

 この寒河江の蔵が大正に入り分家独立し、現在の「千代寿虎屋株式会社」となりました。
保吉が寒河江に進出したのは、当時の寒河江には東北の宮水といわれた硬水が、随所にこんこんと湧き出ていたこと、また、冷たい寒河江川の灌水地域は丸くて大粒の地方好適米『豊国』の産地であったことによります。寒河江の水が酒造用として優秀なことは業界周知のことでした。とくに吟醸づくりに最適で、山形の蔵からは毎日のように遠い道程も苦にせず水を運びに来たといわれています。

 20数年前、人口増加とともに水位が低下、仕込水は寒河江川の伏流水となりましたが、その成分は浅井戸の時代とほぼ共通しています。 戦前、近隣の蔵では寒河江川の水を直接大八車で運ぶ程で、川の水自体酒造に適した水と考えられていました。このように酒造りに適した米と水の 原点とも言える寒河江川は、醸造家にとって天与の賜なのです。

ワイン分野への挑戦

 1972年には地元特産品としてチェリーワインの試験製造に着手しました。 1982年、西川町の酒蔵と高砂印を継承、また、月山トラヤワイナリー 虎屋西川工場として、従来のチェリーワインに加えぶどうを原料とした 「月山山麓トラヤワイン」を製造販売しています。

・原点をみつめる〜 復古米「豊国」にこだわって 〜


 1990年復古米「豊国」の種籾を入手。以来、地元酒米耕作者とともに 米作りから関わりあいをもち、日本酒の原料である米を選び抜き最良の 米から酒造りを行なっています。
現在“千代寿”を醸す酒米はすべて 山形県産米を使用し山形の地酒であることに誇りを持ち製造を行なっています。 かねてより食品コンサルタント 磯部晶策氏の理念に共感し磯部理念に基づく 食品づくりを実践して、よい食品づくりに日夜努力を重ねて日本酒文化を 継承していくことを誓っています。
▲Page top
 
Copyright (C) Chiyokotobuki Toraya Co.,Ltd. All Rights Reserved.
〒991-0032 山形県寒河江市南町2-1-16
| ホーム | 酒蔵概要 | アクセス |